UAV

10年前なら空撮のできる写真屋さんに頼んだところですが、今や自分ところで撮影します。ドローンでの空撮です。GPSを捉えることが出来るところならお手軽に飛ばすことができ、ドローン側の機能のおかげで上手に操縦してるように見えます。でも、調子に乗って操縦してるとT氏のように突風に煽られて墜落させてしまうこともあるので過信は禁物です。

全体配置が判別しやすいので、工事の着手前と竣工時の全景写真として使うことが多いです。今回はドローンの使い手ナンバー1の今井さんにお願いして飛ばしてもらい、これから始まる治山工事の着手前の撮影をしました。(のぶ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

4月度パトロール

次の記事

業務連絡